【スーパー大津、もくべえで買える】アマビエのお酒発見!水沢観音で祈願した本醸造の日本酒

ブログ

こんにちは、mana(@manaspo12)です。

 

 

先日、夫がこんなお酒を買ってきました。

 

 

こ、これは・・・

 

アマビエ」です。

 

 

最近、「疫病退散」のモチーフとして色んなところで見かける「アマビエ」が、群馬の日本酒として製品化されていたのですね。

 

「スーパー大津」の、実際の売り場は、こちら。

大きい720ml瓶で、747円+税、小さい300ml瓶で、427円+税で販売されていました。

 

 

瓶の裏側には、アマビエの言い伝えが書かれています。

言い伝えが登場したのは、江戸後期(19世紀中ごろ)。

半人半魚の妖怪「アマビエ」が現れると、6年間は豊作だが、併せて病気がはやるとされた。

肥後の国(熊本)の海の中に、夜な夜な光るアマビエが現れ、「私の姿を写して人に見せると病気から逃れることができる」と言って消えた

とのこと。

 

このお酒を開発、販売したのは、群馬県北群馬郡吉岡町にある、柴崎酒造株式会社

 

水沢観音で祈願したラベルを用いて、720ml瓶、300ml瓶それぞれ1,000本限定で販売しているそうで、「お守り代わりに買ってほしい」(2020年4月29日上毛新聞)とのことでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

感想

アマビエのお酒を、実際に味わってみたところ、冷蔵庫で冷やして飲むのが美味しかったです。

味が結構強いので、逆に常温だとちょっと飲みにくいかもしれません。

キリッと冷やしてクイッと飲みたいお酒です。

販売店

草津温泉内で確認したところでは、スーパー大津とスーパーもくべえで販売されていました。

720ml瓶と300ml瓶がそれぞれ限定1,000本とのことなので、飲みたい方は早めにGETしましょう(^^)

スポンサーリンク

追記

昨日郵便局に行ったのですが、こんなところにもアマビエが。

 

アマビエが流行りすぎて逆にちょっと怖い今日このごろです。笑

コメント