草津温泉共同浴場「長栄の湯(ちょうえいのゆ)」(万代源泉)感想レビュー

共同浴場
注意:現在、コロナウイルス対策のため、<白旗の湯・千代乃湯・地蔵の湯・煮川の湯>以外の15箇所の共同浴場は、観光客の入浴が禁止されています。共同浴場は、入浴マナーを守ってご利用ください。

この記事では、湯畑からさほど遠くない住宅街にある「長栄の湯」を紹介・レビューします。

 

他の共同浴場情報はこちら

草津温泉 共同浴場(公衆浴場)19ヶ所+足湯まとめ
草津温泉には、19ヶ所の共同浴場(公衆浴場)があります。 一般的観光客には、そのうち3ヶ所(白旗の湯、千代の湯、地蔵の湯)のみが案内されており、それ以外の16ヶ所は、原則入浴禁止とされています。 ただし、...

 

▶草津温泉へふるさと納税!返礼品は草津で使える商品券。

スポンサーリンク

はじめに~共同浴場の心得~

草津の観光協会が観光客に紹介している共同浴場は「白旗の湯」「千代の湯」「地蔵の湯」の3つであり、「躑躅の湯(つつじの湯)」はじめ、その他16ヶ所の共同浴場は、主に「草津の地域住民が使う浴場」とされています。

 

しかし、「もらい湯」の精神を忘れずに、マナーを守って入浴するのであれば一般観光客の入浴も「完全禁止」ではない、というのが草津温泉の素晴らしいところです。

 

「もらい湯」の精神とは、「浴場を借りるにあたり、マナーを守り、感謝の気持ちを持って入浴する態度」のことです。

草津では古くからこれを重視し、逆にこの「もらい湯」の精神があるからこそ、住民は観光客を快く受け入れてきました。

 

共同浴場への入浴は無料ですが、町民がみずから大切に管理・利用している事を忘れずに、最低限以下の事項を守りましょう。

 できるだけ少人数で入る(共同浴場は洗い場・浴槽が狭い場合が多い)

 利用時間を守る

 しっかりかけ湯して、身体を清めてから入浴する

 使った桶などはきちんと元の場所に戻す

 タオル(持参)は湯船に入れない

 風呂からあがる前にタオル(持参)で身体をよく拭き、脱衣所を濡らさない

 

「長栄の湯」の外観

「長栄の湯」は、公民館のような建物内にある共同浴場です。他の共同浴場と比べると、一見わかりにくいかもしれません。

 

 

右が男湯、左が女湯で、正面に「長栄の湯」と書かれています。

 

向かい側は、「東殿塚地区 区民館」と書かれています。

 

 

中の様子

女性風呂の中の様子です。

 

扉脇に「入浴マナーを守りましょう」という注意書きがありますが、この記事の冒頭で述べた内容とほぼ同じです。

「長栄の湯」は、8:30~9:30くらいの間にだいたい清掃をしているので、観光客の方は、おおよそ朝9:30以降22:00までの間であれば入浴できるでしょう。

 

脱衣所の様子です。

ロッカーボックスが9つあり、写真に収めませんでしたが、右手手前にベビーベッドが置かれています。

むかって左側が風呂場です。

平均的な共同浴場くらいの広さです。

 

 

浴場内左側の様子です。

「長栄の湯」は、浴場が比較的広め。浴槽は「翁の湯(おきなのゆ)」より少し広いような気がします。

 

浴場内右側は、左手の浴槽とは別に、新しいお湯をかけ流している洗い場があるので、こちらのきれいな湯を使って「かけ湯」や、体や頭を洗うことができます。

 

私はこの「かけ湯」用の浴槽が好きです。ただしお湯の温度がかなり熱く、ピリピリする場合が多いです^^;

引かれている温泉が「万代源泉」(ばんだいげんせん)で、pHが1.7程度と強酸性であるためでしょう。

目に入ったりするととても痛いです。頭を洗うのは注意してくださいね。

「長栄の湯」感想

「長栄の湯」は、私がよく使う共同浴場の1つで、「かけ湯」用の浴槽から行う「かけ湯」が気持ち良いのがおすすめポイントです。

「万代源泉」(ばんだいげんせん)特有のピリっとした爽快感があります。

 

入浴自体も気持ちが良いのですが、女性風呂は、地元住民が水で埋めている場合が多いのか、そこまで熱くは有りません。夫に聞いたところ、「男風呂は熱い日も多い」ようです。

 

あと、出入り口付近が非常に滑りやすいので入浴の際はご注意ください。

私はぼんやりしていて2度ほど滑って転んでいます・・・^^;

おすすめ度 ★★★☆☆
熱さ ★★★☆☆(普通)
湯船の深さ 深め:肩がお湯に浸かるくらい(身長162cm)
収容人数 快適:5人まで MAX:7人程度
スポンサーリンク

「長栄の湯」基本情報

住所・地図

〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町大字草津609

駐車場

<無料>

大滝乃湯駐車場(※大滝乃湯もご利用ください)

<有料>

西の河原公園駐車場

泉質

源泉:万代源泉

PH値:PH1.70

泉温:96.0℃

酸性―塩化物・硫酸塩泉

 

他の共同浴場情報はこちら

草津温泉 共同浴場(公衆浴場)19ヶ所+足湯まとめ
草津温泉には、19ヶ所の共同浴場(公衆浴場)があります。 一般的観光客には、そのうち3ヶ所(白旗の湯、千代の湯、地蔵の湯)のみが案内されており、それ以外の16ヶ所は、原則入浴禁止とされています。 ただし、...

 

コメント