草津温泉 地蔵の湯(地蔵源泉)引湯のおすすめ宿3選。

宿情報
こんにちは、mana(@manaspo12)です。

 

草津温泉の宿・旅館で使われている主な源泉は6つ(湯畑、万代、わたの湯、西の河原、白旗、地蔵)ありますが、その中でも「地蔵の湯(地蔵源泉)」は、「眼病に効く」「眼医者いらず」と言われています。

「地蔵の湯(地蔵源泉)」は、6つの主力源泉の中では湧出量が最も少ないため、入浴できるのは、共同浴場「地蔵の湯」または、草津温泉内にある3つの宿のみと希少です。

 

この投稿では、「地蔵の湯(地蔵源泉)」引湯の3つのおすすめ宿を紹介します。

※料金は、素泊まり2名1泊時の1人分の料金で計算しています。

スポンサーリンク

草津温泉 旅館たむら

https://ryokan-tamura.co.jp/

特徴

旅館たむらは、湯畑から徒歩3分の総部屋数14部屋、江戸末期創業の老舗旅館です。

宿泊料金は、2名1泊10,500円/人~で、プランは朝食付きプラン、夕食付きプラン、夕・朝食付きプランから選択することが可能です。

 

温泉は「地蔵源泉」を引湯した2箇所の無料貸切風呂と男女別の内風呂の計4箇所。ひとりで最大で3箇所利用することができます。
 

また、老舗旅館の内湯巡りができる「和風村」というグループに加盟しているため、旅館たむらに宿泊し、「湯巡り手形(1,000円)」を購入することで、全15湯の内湯に各700円で入浴することができます。

詳しくは、こちらの記事を御覧ください。

宿基本情報

名称草津温泉 旅館たむら
住所〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津305
地図
駐車場有り(無料)
TEL0279-88-2045
チェックイン14:00~
チェックアウト~10:00
Free Wi-Fiあり
温泉地蔵源泉(男女内湯各1基、貸切風呂2基)

草津温泉 炯-kei-(けい)

https://www.jalan.net/yad319705/

特徴

草津温泉 炯-kei-は、湯畑から徒歩4分の全室スイートタイプのオーベルジュ(泊まれるレストラン)です。

食事は日本料理をベースに土地の恵みを生かした料理を堪能できるのが魅力で、温泉は、「地蔵源泉」と「万代源泉」の2種類の湯を楽しむことができます。

客室は、バルコニー付きの部屋や、露天風呂付きの部屋があり、夕・朝食付きで2名1泊42,000円/人~宿泊が可能です。

 

高価格帯ですが、その分ゆっくり、ゆったりと寛ぐことができる、草津温泉の新しい拠点と言えそうです。

宿基本情報

名称草津温泉 炯-kei-
住所〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津297
地図
駐車場有り(無料)
TEL0279-82-1800
チェックイン15:00~
チェックアウト~11:00
Free Wi-Fi有り
温泉地蔵源泉、万代源泉

 

スポンサーリンク

ゆ宿大蔵

https://www.jalan.net/yad325190/

特徴

ゆ宿大蔵は、湯畑から徒歩5分。

素泊まり2名1泊7,000円/人~宿泊可能な、地蔵源泉引湯の宿です。

 

温泉は24時間入浴ができるので、好きなときに好きなだけ利用できるのが嬉しいポイント。

無料で貸切利用できる家族風呂も人気です。

 

宿は昭和レトロ風で、玄関の提灯、館内の囲炉裏や骨董など、どこか懐かしさを感じさせる造りで、観光客を迎えています。

宿基本情報

名称ゆ宿大蔵
住所〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津290−10
地図
駐車場有り(無料)
TEL0279-88-3939
チェックイン15:00~
チェックアウト~10:00
Free Wi-Fiあり
温泉地蔵源泉(内湯男女各1基、貸し切り家族風呂1基)
スポンサーリンク

共同浴場「地蔵の湯」

「地蔵の湯(地蔵源泉)」引湯の宿は3施設と多くありませんが、「日帰りで地蔵の湯に入浴したい!」と思ったら、共同浴場「地蔵の湯」がおすすめ!

観光客の方でも、無料で入浴できます。

 

共同浴場「地蔵の湯」は、脱衣所と温泉が一体となった開放的な造りで、最大8名程度入浴することができます。

無料の共同浴場なので、受付は無く、脱衣所と湯船が有るのみで、シャワーもレンタルタオルもありません。

かけ湯して、身体をきれいに流してから入浴し、タオルは持参してくださいね。

 

開館時間は朝8:00~夜22:00まで。

 

共同浴場は、草津温泉の伝統文化なので、ためしに一度は利用してみるのがおすすめです。

 

▶共同浴場「地蔵の湯」詳細はこちら

まとめ

「地蔵の湯(地蔵源泉)」引湯の宿と、共同浴場「地蔵の湯」を紹介しました。

 

草津温泉の源泉の中では珍しい「やや白濁」したお湯ですし、「眼病に効く」と言われる貴重な源泉なので、草津に来るならぜひ入浴したいところです。

 

お気に入りの宿を見つけて、草津温泉を満喫してくださいね。

関連記事

▶草津温泉へふるさと納税!返礼品は草津で使える商品券。

この記事を書いた人(author)
mana

草津町に住んでいます。「せっかく住むなら自分が感じる草津の魅力を発信したい!」とウェブサイトを立ち上げました。

草津の温泉情報、観光情報を、少しずつではありますが、できるだけ深く、丁寧に紹介していきます。このサイトを見た方が、草津温泉へ訪れ、温泉や自然を楽しんでいただけることを願っています。

manaをフォローする
スポンサーリンク
宿情報
manaをフォローする
スポンサーリンク
草津温泉をとことん楽しむ!

コメント