草津温泉 共同浴場(公衆浴場)19ヶ所+足湯まとめ

共同浴場
注意:現在、コロナウイルス対策のため、<白旗の湯・千代乃湯・地蔵の湯・煮川の湯>以外の15箇所の共同浴場は、観光客の入浴が禁止されています。共同浴場は、入浴マナーを守ってご利用ください。

草津温泉には、19ヶ所の共同浴場(公衆浴場)があります。

 

一般的観光客には、そのうち3ヶ所(白旗の湯、千代の湯、地蔵の湯)のみが案内されており、それ以外の16ヶ所は、原則入浴禁止とされています。

 

ただし、表のドアにある張り紙などを見ると「◯◯の湯は 町民の方と観光客の方の入浴が出来ます。」「外来者の入浴について 午後3時~9時までは、区民の入浴時間のためその前後に利用すること」などと書かれている場合もあります。

例えば、以下のような感じです。

煮川の湯の扉

恵乃湯の扉

つまり、「入浴は完全禁止ではありません、だけど『もらい湯』の精神を大切にし、節度を持って入浴してくださいね」ということなんです。

 

「もらい湯」の精神とは、浴場を「借りる」のに際し、マナーを守り、感謝の心を持って入浴する態度のことを指します。

共同浴場そのものとともに、長年に渡り町民の方々が培い、大切にしてきた精神なのです。

 

ただし、この先、一人でも気持ちよくない使い方をしてしまうと、これらの共同浴場の開放が全くできなくなってしまいます

敢えて明文化するのも少し野暮ったいのですが、具体的には以下のマナーは最低限守りましょう。

 できるだけ少人数で入浴する(共同浴場は洗い場・浴槽が狭い場合が多い)

 利用は、住民の方に配慮し、11:00~15:00を目安に入る(白旗・千代・地蔵はその限りではない)

 しっかりかけ湯して、身体を清めてから入浴する

 使った桶などはきちんと元の場所に戻す

 タオルは湯船に入れない

 風呂からあがる前にタオルで身体をよく拭き、脱衣所を濡らさない

 

さて、前置きが長くなりましたが、以下では、共同浴場を紹介します。

 

▶草津温泉へふるさと納税!返礼品は草津で使える商品券。

スポンサーリンク

草津温泉 共同浴場まとめ

共同浴場は、無料で入浴できます。​大切に使いましょう。

浴場名 特徴
白旗の湯

(しらはたのゆ)

外来者入浴可。源泉:白旗

営業時間 5:00~23:00
(うち、5:30~6:30は清掃)
浴場が広く、4~5人は余裕。
温湯と熱湯があるが、どちらもかなり熱い。

レビューはこちら

千代の湯

外来者入浴可。源泉:湯畑

営業時間 5:00~23:00
浴場が狭く、1~2人以上だと窮屈に感じる。
浴槽が深く気持ち良い。

「時間湯http://www.jikanyu.net/」ができる浴室も設置されている。

レビューはこちら

地蔵の湯

外来者入浴可。源泉:地蔵

営業時間 8:00~22:00
やや白濁したお湯。4人程度が快適。

「時間湯http://www.jikanyu.net/」ができる。

レビューはこちら

長寿の湯

外来者入浴注意。源泉:湯畑

営業時間 24時間(22:00以降は施錠、8:30~9:30は清掃)
ややピリッとしたきれいな湯が楽しめるきれいな浴場。2~3人程度が快適。

レビューはこちら

睦の湯

(むつみのゆ)

外来者入浴注意。源泉:湯畑

営業時間 24時間(9:00~11:30は清掃、15時以降は住民専用)
ややピリッとした温泉。3~4人程度が快適。

レビューはこちら

巽の湯

(たつみのゆ)

外来者入浴注意。源泉:湯畑

営業時間 24時間
浴室、浴槽とも広い。4,5人程度は快適。最高7~8人入れるかも?
浴槽が深く、温泉をたっぷり味わえて気持ち良い。

レビューはこちら

白嶺の湯

(しらねのゆ)

外来者入浴注意。源泉:湯畑

営業時間 24時間

2019年3月5日:

工事中のため入浴不可でした。

翁の湯

(おきなのゆ)

外来者入浴注意。源泉:湯畑

営業時間 24時間。朝7:30~9:00は清掃

3人程度が快適。浴槽は奥に広がっている。

レビューはこちら

千歳の湯

(ちとせのゆ)

外来者入浴注意。源泉:湯畑

営業時間 24時間

3~4人が快適。

レビューはこちら

瑠璃の湯

(るりのゆ)

外来者入浴注意。源泉:湯畑

営業時間 24時間
浴槽が奥に広がっている。2~3人が快適。
湯は白濁している。

レビューはこちら

喜美の湯

(きみのゆ)

外来者入浴注意。源泉:湯畑

営業時間 24時間

3人程度が快適。やや奥まった場所にあり、見つけづらいかも。

レビューはこちら

関の湯

外来者入浴注意。源泉:湯畑

営業時間 24時間。14:00~15:00は清掃、18:00~22:00は住民専用

定員3名とあるが、脱衣所がかなり狭く、2名できつい。浴槽は深め。

レビューはこちら

煮川の湯

(にかわのゆ)

外来者入浴注意。
源泉:煮川営業時間 24時間
湯がかなり熱い。
浴場・浴槽ともに狭く、2~3人でいっぱいなので注意。浴槽は深め。

レビューはこちら

凪の湯

(なぎのゆ)

外来者入浴注意。源泉:西の河原

営業時間:24時間
湯はとても熱く、そのままでは入るのが難しい。自分でホースから水を足して調整する必要がある。

こぶしの湯

外来者入浴注意。源泉:万代

営業時間:24時間。15時以降は住民専用。
湯畑から遠い。
キリッとした熱さが心地よい。2~3人で浴場はいっぱい。

恵の湯

(めぐみのゆ)

外来者入浴注意。源泉:万代

営業時間 24時間。15時以降は住民専用。
キリッとした熱さ。2~3人が快適。

つつじの湯

外来者入浴注意。源泉:万代

営業時間 24時間

レビューはこちら

長栄の湯

外来者入浴注意。源泉:万代

営業時間 24時間(午前中清掃あり)
洗い場と浴槽が分かれており、浴場は広め。4人程度が快適。住宅街の中にある。

レビューはこちら

碧の湯

(みどりのゆ)

外来者入浴注意。源泉:万代

営業時間 外来者は10:00~15:00(それ以外は施錠)

一番新しい共同浴場。

2019年3月5日:

外来者入浴時間内でも施錠されていた。

 

共同浴場マップ

大きな地図で見る

スポンサーリンク

草津温泉の足湯

草津温泉では4箇所の足湯が整備されています。(バスターミナル前、湯畑周りに2つ、地蔵の湯の前)

また、西の河原公園内にも足湯のような温泉溜まりがあります。

場所 写真 様子
バスターミナル前 足湯 バスターミナルの目の前にある足湯。

バス発着の前後で賑わいます。

湯畑まわり①「湯けむり亭」 屋根もあり、1番利用客の多い足湯。

人が多すぎて諦めることも。

湯畑周り②「湯滝の前」足湯 湯畑の湯滝の前にある足湯。

屋根がないので雨雪の日は使えませんが、

目の前で迫力のある湯滝が見れます。

「地蔵の湯」前 足湯  「地蔵の湯」の前にひっそりと佇む足湯。

空いていることも多いです。

温泉入浴前後の待ち合わせにも。

西の河原公園 足湯 西の河原公園内にある足湯スポット。

広々とした公園内で、ぬるめのお湯が楽しめます。

草津温泉 足湯マップ

大きな地図はこちら

コメント