草津温泉共同浴場「睦の湯(むつみのゆ)」(湯畑源泉)感想レビュー

共同浴場
注意:現在、コロナウイルス対策のため、<白旗の湯・千代乃湯・地蔵の湯・煮川の湯>以外の15箇所の共同浴場は、観光客の入浴が禁止されています。共同浴場は、入浴マナーを守ってご利用ください。

草津温泉共同浴場「睦の湯(むつみのゆ)」は、草津の中心部「湯畑」からは徒歩12分と、やや離れた場所にあります。

そのため、一般観光客はあまり行かないのではないかと思いますが、入浴してきたので紹介したいと思います。

他の共同浴場情報はこちら

草津温泉 共同浴場(公衆浴場)19ヶ所+足湯まとめ
草津温泉には、19ヶ所の共同浴場(公衆浴場)があります。 一般的観光客には、そのうち3ヶ所(白旗の湯、千代の湯、地蔵の湯)のみが案内されており、それ以外の16ヶ所は、原則入浴禁止とされています。 ただし、...

 

▶草津温泉へふるさと納税!返礼品は草津で使える商品券。

スポンサーリンク

共同浴場の心得

草津の観光協会が観光客に紹介している共同浴場は「白旗の湯」「千代の湯」「地蔵の湯」の3つであり、「睦の湯」はじめ、その他16ヶ所の共同浴場は、主に「草津の地域住民が使う浴場」として、一般観光客の利用は「原則不可」とされています。

 

しかし、「もらい湯」の精神を忘れずに、マナーを守って入浴するのであれば「完全禁止」ではない、というのが草津温泉の素晴らしいところです。

 

「もらい湯」の精神とは、「浴場を借りるにあたり、マナーを守り、感謝の気持ちを持って入浴する態度」のことです。

草津では古くからこれを重視し、逆にこの「もらい湯」の精神があるからこそ、住民は観光客を快く受け入れてきました。

 

共同浴場への入浴は無料ですが、町民がみずから大切に管理・利用している事を忘れずに、最低限以下の事項を守りましょう。

 基本的には一人で入る(共同浴場は洗い場・浴槽が狭い場合が多い)

 利用は、住民の方に配慮し、11:00~15:00を目安に入る(白旗・千代・地蔵はその限りではない)

 しっかりかけ湯して、身体を清めてから入浴する

 使った桶などはきちんと元の場所に戻す

 タオル(持参)は湯船に入れない

 風呂からあがる前にタオル(持参)で身体をよく拭き、脱衣所を濡らさない

 

「睦の湯」の外観・中の様子

「睦の湯」の外観

「睦の湯」は、湯畑からは徒歩約12分と少し離れた、住宅街の中にあります。外観は以下のようです。

 

 

暖簾がなかなか風情があって心くすぐられます。

 

 

入り口に一般観光客に向けたポスターが貼られています。

 

観光客の方はマナーを守って入浴して下さい

マナーの悪い観光客が増えています。

この浴場は地元区民が管理しています。

マナーの守れない方の入浴はお断りします。」

 

「外来者の入浴について

午前9時より11時までは、掃除のため入らぬように

午後3時より9時までは区民入浴時間の為その前後に利用すること」

 

 

過去にどのような観光客が来たのでしょうか。

マナーの悪い人が増えると、観光客の入浴が完全禁止になってしまいます。

ここまで述べているように、皆さんには丁寧に利用していただきたいです。

 

 

「睦の湯」では、「午前9時~11時までは掃除」「午後3時~9時までは区民専用」と明確に記載されているので、観光客は「午前11時~午後3時までの利用」をきっちり守りましょう。

 

 

ところで、「女子風呂にのぞきをする者がいる」という看板がありました。他地域に比べてこの辺りはちょっと治安が悪いのかな?と思いました。この日私は無事入浴できました。

中の様子

中に入ると、脱衣所は比較的広めの造りになっています。

右隅から見た様子

左隅から見た様子

 

また、中にトイレもありました。

 

体重計も。

 

体重計が置かれていると、「地域住民密着の共同浴場」という感じがして、なんとなく雰囲気が好きなんですよね。

 

浴場の中はこんな感じです。

 

縦長の浴槽。三方向スペースが空いているので、5人位は入浴できそうです。

どばどばと「湯畑」源泉のお湯が流れ出しています。

 

 

貴重品フックがありました。

 

私が見た感じだと、ほぼすべての共同浴場に貴重品フックがありました。しかし、貴重品袋はあるところと無いところがあったり。なので、自分でビニール袋を常に持参しておくと安心です。

 

特に「睦の湯」は「女子風呂ののぞき」が出たくらいなので、少し不安がありますし、「貴重品は持ち歩かない」が原則ですが、もし間違えたり必要があって持ってきてしまった場合は、必ずフックに掛けるようにしましょう。

スポンサーリンク

「睦の湯」の感想

「睦の湯」のお湯の温度は、「少し熱めかな?」と思いました。「長寿の湯」と同じくらいかと思います。

浴槽の深さはやや肩が出る程度。

私が入った時間帯は誰もいなかったため、ゆったりたっぷり浸かることが出来てとても気持ちよかったです。

天井が高く上から光が差し込み、開放的な造りになっていました。

 

「睦の湯」まとめ

住所・地図

377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津634-1

駐車場

<無料>大滝乃湯駐車場(徒歩7分)

泉質

源泉:湯畑源泉

PH値:PH2.08

泉温:55.7℃

酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉

「睦の湯」感想まとめ

おすすめ度 ★★★☆☆
熱さ ★★★★☆(熱い)
湯船の深さ 浅め:肩がこぶし1個出るくらい(身長162cm)
収容人数 快適:4~5人までMAX:6人
ひと言 脱衣所が広いので人数が多くても割と快適。入りやすくて気持ちの良い温泉です。

 

他の共同浴場情報はこちら

草津温泉 共同浴場(公衆浴場)19ヶ所+足湯まとめ
草津温泉には、19ヶ所の共同浴場(公衆浴場)があります。 一般的観光客には、そのうち3ヶ所(白旗の湯、千代の湯、地蔵の湯)のみが案内されており、それ以外の16ヶ所は、原則入浴禁止とされています。 ただし、...

 

コメント