【ハイキング】草津温泉「嫗仙の滝(おうせんのたき)」は、初心者でもOK!?行き方(アクセス)や、実際の山行を紹介!

観光情報

こんにちは、mana(@manaspo12)です。

 

草津温泉への観光で、何泊かする人などには、是非オススメしたいスポットがあります。

それが「嫗仙の滝(おうせんのたき)」です。

 

 

草津温泉でハイキングと言えば、有名なのは草津白根山の湯釜ですが、残念ながら火山規制のため、現在草津白根山の湯釜へ行くことはできません。

 

 

ハイキングができなくて、がっかりしている方、ちょっと待って!

草津温泉には、他にもハイキングコースがあるよ!

 

 

それが、この記事で紹介する「嫗仙の滝(おうせんのたき)」です。

行き方(アクセス)や山行、実際に行ってみた感想などをまとめてみたので、是非観光の参考にしてください。

スポンサーリンク

「嫗仙の滝(おうせんのたき)」への行き方(アクセス情報)

まず、「嫗仙の滝」の場所から確認します。

「嫗仙の滝」に行くには、まず「嫗仙の滝駐車場」を目指しましょう。

 

嫗仙の滝駐車場」は、こちら。

 

駐車場と言っても、土の空き地が広がっているだけですが、ここに車を停められます

車は使わず、徒歩で行く場合は、草津温泉の中心「湯畑」から「嫗仙の滝駐車場」まででおよそ40分(グーグル地図)

そこから更に「嫗仙の滝」を目指す・・・となると、ちょっと遠いですが、歩けなくはないです。

 

もちろん車のほうが便利ですが、徒歩で行くメリットとしては、帰り道の途中で共同浴場(「睦の湯」や「恵の湯」など)にフラっと入れることですかね。

共同浴場は、どこも駐車禁止なので、車の方でトレッキング後、入浴したい場合は、駐車場のある「大滝乃湯」などに行くと良いでしょう。

スポンサーリンク

「嫗仙の滝(おうせんのたき)」へ行く装備

「嫗仙の滝」へ行くにあたって「距離も短いし、ただ滝を見るだけでしょ?」と油断していると足をすくわれてしまいます。

「嫗仙の滝」へ向かう山道は、殆どが下りですが、滑りやすかったり、非常に細い道を通らねばならなかったりします。

また、後述しますが、滝の更に奥にある「カツラの巨木」に行くのに、川をまたぐ必要もあります。

 

なので、(必ずしも山靴である必要はないですが)運動しやすい靴は必須です。

間違ってもハイヒールやパンプス、クロックスなどでは行かないようにしましょう。

というか、それだとたどり着けないかも・・・^^;

 

 

それから、「嫗仙の滝」へ向かう登山道の入り口に、ストック(山道で使える両手に1本ずつ持つ杖のようなもの)が準備されています。

 

これは持っていったほうが役に立ちます。(片手に1本ずつ)

実際、私が「嫗仙の滝」へ行った日は、ぬかるんだ坂道や、苔むした滑りやすい岩などが結構有りました。

 

普段あまりストックなんてものを使ったことがなかったので、「なくても行けるっしょ!」とちょっと侮ってましたが、すでに「嫗仙の滝」へいったことのある友達が「持っていったほうが良い」というので「一応・・・」と思い、使用したのですが・・・

結果、正直ストックがなかったら滑って転んだり、歩くのにもっと時間がかかっていたかも

それくらい、道が滑るし狭い!と思いました。

そこが初心者が注意するべきところですね。

 

逆に、侮ってはいけませんが、装備をきちんとして、ゆっくり歩けば、初心者でもなんとかなるかな、とは思います。

 

あと、この山には、熊が住んでいるそうです。

駐車場でたまたま町役場の職員さんにお会いしたのですが、「出会うかどうかは分からないけど、熊はいますよ」と、怖いことを言ってました。

 

私は熊に会いませんでしたが、念の為、鈴とか、音の鳴るものを持ち歩いたほうが良さそうです。

 

「嫗仙の滝(おうせんのたき)」まで地図

さて、装備も揃ったところで、「嫗仙の滝」へ向かいましょう。

「嫗仙の滝駐車場」に案内図があるので確認してみてください。

 

坂道や細い道は少し難しいかもしれませんが、登山道自体は約1km程度と、そんなに長く有りません。

ゆっくり歩いても片道30分くらいで行けるでしょう。

 

地図だと、登山道と「嫗仙の滝」が離れているように見えますが(私は案内図を見て、「滝までどうやって行くの!?」と思いました。)、その登山道あたりから十分立派な滝が見えるので、ご心配なく。

 

実際の山行

この日は、私と、友人2人の3人で滝へ行きました。

「実際の山行」と書きましたが、ストックを持ちながら写真を撮るのが煩わしくて、あまり詳細な写真は撮れませんでした・・・すみません。

 

なので、なんとなくですが紹介します。

 

まず、スタートから。

このあたりは、歩きやすいです。前日に雨が降ったのか、若干土が湿っているような気がします。

 

 

歩き始めるとすぐに、こんな看板が。

やはり20分くらいで行けるようです。

 

なだらかな道を進みます。

 

 

すぐに休憩所。

急いでもいないので、休憩。笑

「火の用心」の旗の横の支柱に金属の物体がぶら下がってます。

熊がやってこないように備え付けの棒で叩いて音を鳴らしました。

 

 

ちょっと写真がうまく撮れていませんが、下り坂です。

 

見た目より怖いんですよね。というか、ここはまだそんなに怖くなかったかな?

一番怖い道は下るのに必死で、写真撮るの忘れました。爆

 

 

 

行ったのは10/4でした。

まだ紅葉には早いかな?という感じでしたが、紅葉したらとてもキレイな森林浴が楽しめそうな山道でした。

 

 

はい。細い道は撮りそこねたので、もう滝ですよ。

ドーン!

 

動画も撮ってみました。

 

もっと小さい滝を想像してたので、良い意味で期待を裏切られました。

 

空気が澄んでいて、滝の音がキレイでした。

パワースポット感もあるかも。

ただし水は飲めないので美味しそうでも飲んじゃだめですよ。

 

写真で見ると滝のバックがオレンジ色っぽいですが、友人が言うには前に来たときは「赤」だったらしいです。

成分が変わったとかなのかな?

 

ちなみに、バックで「チリンチリーン」と聞こえるのは、私が持っていった鈴の音です。笑

スポンサーリンク

カツラの巨木を見よう

さて。

「嫗仙の滝」を鑑賞したからと言って、まだ引き返しませんよ!

 

「嫗仙の滝」から流れている川ですが、川幅が狭くてまたげる場所があります。

そこをまたいで川の向こう側へ行きましょう

 

これ、大事なポイントなのに、これも写真撮り忘れました、ほんとすみません。

なので、代わりに最初の案内図を見てください。

「↑この部分」を渡ります。

 

 

渡ったあとは、よく目を凝らして、ロープが張ってあって道が階段っぽくなっているところを進みます。

 

写真は間違えてロープの外側を歩いてしまったときのもの。

 

「え?」

「道、無いじゃん!」

 

となって、一旦戻りました。

正しくは、ロープの右側を歩かなくてはいけなかったんです

 

友人が見つけてくれた正しい道へ戻り、歩きます。

ほとんどわかりませんが、左側にロープが正解です。

 

 

歩いていると、わかりやすく階段が出てきました。カツラはもうすぐそこです。

 

 

「カツラ20m先」の看板。

 

そして巡り会えた「カツラの巨木」!!

 

巨木の左側にいるのは友人です。

 

おっきい!!!

 

なんというか、滝もパワースポット感ありましたが、この「カツラの巨木」のほうが更にパワースポット感アリました。

 

 

また、カツラの左手前にある木も、なかなかの見ごたえでした。

 

 

帰り際、もう一度「嫗仙の滝」を眺めて、帰りました。

行きに通ったときには気づきませんでしたが、滝の右側手前にある岩が、とっても良い雰囲気を醸し出していました。

 

まとめ

いかがでしたか?「嫗仙の滝」や「カツラの巨木」の雰囲気が伝わったでしょうか?

 

今回はちょっと撮り忘れてしまった写真などもありましたので、また行こうと思っています。

紅葉が深まった時にでも。

 

冬は雪で滝までは行けないと思うので、みなさんも行かれる場合は、「春・夏・秋」に検討してくださいね。

あと、熊には十分注意してください!

 

それでは!

コメント