草津温泉共同浴場「関の湯(せきのゆ)」(湯畑源泉)レビュー

共同浴場
注意:現在、コロナウイルス対策のため、<白旗の湯・千代乃湯・地蔵の湯・煮川の湯>以外の15箇所の共同浴場は、観光客の入浴が禁止されています。共同浴場は、入浴マナーを守ってご利用ください。

この記事では、草津温泉共同浴場「関の湯(せきのゆ)」について、紹介&レビューしていきます。

 

他の共同浴場情報はこちら

草津温泉 共同浴場(公衆浴場)19ヶ所+足湯まとめ
草津温泉には、19ヶ所の共同浴場(公衆浴場)があります。 一般的観光客には、そのうち3ヶ所(白旗の湯、千代の湯、地蔵の湯)のみが案内されており、それ以外の16ヶ所は、原則入浴禁止とされています。 ただし、...

 

▶草津温泉へふるさと納税!返礼品は草津で使える商品券。

スポンサーリンク

はじめに~共同浴場の心得~

草津の観光協会が観光客に紹介している共同浴場は「白旗の湯」「千代の湯」「地蔵の湯」の3つであり、「関の湯」はじめ、その他16ヶ所の共同浴場は、主に「草津の地域住民が使う浴場」として、一般観光客の利用は「原則不可」とされています。

 

しかし、「もらい湯」の精神を忘れずに、マナーを守って入浴するのであれば「完全禁止」ではない、というのが草津温泉の素晴らしいところです。

 

「もらい湯」の精神とは、「浴場を借りるにあたり、マナーを守り、感謝の気持ちを持って入浴する態度」のことです。

草津では古くからこれを重視し、逆にこの「もらい湯」の精神があるからこそ、住民は観光客を快く受け入れてきました。

 

共同浴場への入浴は無料ですが、町民がみずから大切に管理・利用している事を忘れずに、最低限以下の事項を守りましょう。

 基本的には一人で入る(共同浴場は洗い場・浴槽が狭い場合が多い)

 利用は、住民の方に配慮し、11:00~15:00を目安に入る(白旗・千代・地蔵はその限りではない)

 しっかりかけ湯して、身体を清めてから入浴する

 使った桶などはきちんと元の場所に戻す

 タオル(持参)は湯船に入れない

 風呂からあがる前にタオル(持参)で身体をよく拭き、脱衣所を濡らさない

 

「関の湯」の外観・中の様子

「関の湯」の外観

「関の湯」は、湯畑からお土産屋の並ぶ小道に入って2分の場所にあります。

道の左手にあり、大きな暖簾(のれん)が掲げられているので、すぐ気づくと思います。

 

 

石で敷き詰められた壁面がかっこいいです。

 

 

入り口。

 

 

18時~22時は町民専用」で、「午後2時~午後3時は清掃」だそうです。

したがって、外来者の入浴可能時間は午前中と、12時~14時、15時~18時になります。

すこし変則的なので注意が必要です。

 

定員3名」とあります。

入り口に「定員」が書かれている共同浴場は初めてでした。

「関の湯」の入り口

外に清掃時間帯の注意書きがありましたが、入り口から入ってすぐにも再度清掃時間帯や住民専用の時間帯の注意書き。

念押ししてますね。

 

「もらい湯」の心得が書かれています。

「関の湯」は、草津温泉で最も狭い共同浴場なので、このような注意書きがあるのでしょう。

「関の湯」の脱衣所

定員3名」というのには納得です。脱衣所が狭い…!

この日は、私の前に入浴していた方が1名おり、脱衣所利用中でした。

一緒に着替えたのですが、2名でギリギリ。3名一緒には着替えられないのでは、と思いました。

「関の湯」の浴場

浴場入口から中を撮影。

浴槽は横長ですが、やっぱり狭いです。

 

浴場の右端から中を撮影しました。

やはりMAXで2~3人までしか入れません。

こちらは「無色透明」と言われる「湯畑源泉」ですが、この日はラッキーなことに白濁した温泉です。

雨の日など天候状態によって、配管の中に詰まった温泉の成分が蛇口から流れ出すとこんな色になるのだとか。

 

中は石畳で風情がありました。

 

結構な勢いで新鮮な温泉が溢れ出していました。

 

撮影し忘れてしまったようですが、「関の湯」にも、他の共同浴場と同様、貴重品をぶら下げるフックがありました。貴重品袋はなかったので、貴重品を持ち歩く場合はビニール袋も一緒に持参しましょう。
スポンサーリンク

「関の湯」まとめ

住所・地図

〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津393

駐車場

近隣駐車場は有料駐車場になります。

<有料>(徒歩4分)

※湯畑観光駐車場の駐車料金

 

<有料>草津パーキング(徒歩5分)

※6:00~18:00 30分 100円

 18:00~6:00 60分 100円

その他の駐車場(無料駐車場など)に停めたい場合は、以下の投稿をご参考下さい。

草津温泉 駐車場情報(無料~有料、24時間)
草津温泉は、群馬県の山間部にありながら、東京から高速道路を使えば3~4時間。 温泉の質だけでなく、そのアクセスの良さは大きな魅力であり、当然車で来る方も多数いると思います。 草津温泉の駐車場情報は有りそうで無かったり、ま...

泉質

源泉:湯畑源泉

PH値:PH2.08

泉温:51.3℃

酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉

感想

この日は、清掃前の13:20頃、入浴しました。

ひとりで利用したので、「定員3名」のこじんまりとした感じが、特別に用意されたプライベートなお風呂のようで、かえって心地よかったです。

 

真っ白に白濁したお湯にも心惹かれるものがありました。

私のお気に入りの共同浴場の1つです。

 

グーグルのクチコミでも、以下のようなコメントが多数寄せられ、好評なようでした。

★★★★★ 「ローカル感が最高。お湯も最高。ぽかぽか幸せ気分になれます。」
★★★★☆ 「二人入ると狭いくらいの湯船ですが、これまで他の人と一緒になったことはありません。 じゃぶじゃぶかけ長しの贅沢なお湯です。」
★★★★★ 「8月に行きましたが、この界隈で1番の適温でした。最高。」
★★★★★ 「湯船が狭いおかげで源泉の濃さがよくわかる素晴らしい湯でした」
★★★★★ 湯船は小さいが泉質は最高です。
クチコミの中に一部、「幸い誰も入浴して居らず、まず湯の蛇口をひねり 湯を止め、加水開始。さすがに他の客がいると出 来ないが、貸し切りのこの湯だから出来ることでも あった。」との評価がありました。他の利用者との兼ね合いや状況を見て加水はOKですが、「湯を止める」のはマナー違反です。
真似せず、マナーよく利用して下さい。
おすすめ度 ★★★★☆
熱さ ★★★☆☆(ちょうどよい熱さ)
湯船の深さ 深め:肩がたっぷり浸かれる(身長162cm)
収容人数 快適:1人 MAX:2~3人
ひと言 一番小さい共同浴場。雰囲気もよく、白濁した湯が楽しめる。

 

他の共同浴場情報はこちら

草津温泉 共同浴場(公衆浴場)19ヶ所+足湯まとめ
草津温泉には、19ヶ所の共同浴場(公衆浴場)があります。 一般的観光客には、そのうち3ヶ所(白旗の湯、千代の湯、地蔵の湯)のみが案内されており、それ以外の16ヶ所は、原則入浴禁止とされています。 ただし、...

 

コメント