【草津温泉ドライブ】白根山の「湯釜」は見られないけど、志賀草津道路(国道292号線)の「渋峠」は、景色を楽しめるドライブコース

観光情報

こんにちは、mana(@manaspo12)です。

この記事では、草津温泉から行ける景色の良いドライブコース「志賀高原道路」(国道292号線)(渋峠)を紹介します。

 

※10月28日~工事のため、志賀高原道路(殺生ゲート~万座三差路間)は工事で通り抜け禁止です。

そのまま冬季閉鎖期間に入るので、草津側から次に開通するのは、【令和3年4月23日(金)午前10時~】になります。

スポンサーリンク

はじめに:志賀高原道路(国道292号線)の通行規制

志賀高原道路(国道292号線)では、平成30年9月28日(金)19時30分から草津白根山(白根山(湯釜付近))の噴火警戒レベル1からレベル2への引き上げ決定に伴う通行規制を行っていました

しかし、草津白根山防災会議協議会(会長:草津町長)で決定した避難計画に沿って、関係者により緊急時の避難訓練を実施するとともに必要な安全対策を確認したうえで、草津町長が草津白根山(湯釜付近)の規制区域内にある国道292号に車が立ち入ることを噴火警戒レベル2であっても例外的に認めることとしました。

 

規制されていた区間は、草津温泉の「殺生河原駐車場」という場所から、万座三差路(嬬恋村)までの8.5kmですが、現在は、以下の条件のもと、車の通行ができるようになっています。

規制区間

万座三差路~殺生ゲート間

 

規制内容

①視界不良や、草津白根山活動によって一時通行止めとなる場合があります。

②オートバイ・オープンカー・自転車・徒歩の進入禁止

③夜間(午後5時から翌朝8時まで)通行止め

天候が良ければAM8:00~PM5:00まで通行可

通行止めにする場合

  1. 火山活動の活発化
  2. レベル3への引上げ
  3. 噴火
  4. 悪天候等(視界不良など)

 

最近でも悪天候(雨、霧)などで規制される日もちらほらあります。

現状を知るのに一番わかり易いのは、大滝乃湯のフェイスブックページです。毎日この区間の通行可否の情報が更新されているので、こちらを参考にしてみてください。

 

志賀高原道路(国道292号線)の絶景ドライブを楽しむ

さて、ここまでちょっとまどろっこしい話をしてきましたが、天気のいい日に走る志賀高原道路は最高ですよ!

 

草津温泉側から見て、白根山の手前にある山。地元の人は「白根隠し」と呼んでいました。この山の向こう側に白根山があるのですね。

 

通ってきた道。曲がりくねってます。

 

 

この向こう側に白根山の「湯釜」が。早く規制が解除にならないかなあ・・・。

 

国道292号は、一番高い位置が「日本国道最高地点」(標高2,172m)と認定されています。

ここは駐停車スポットで、車を降りて景色を眺める人が多数います。

 

写真がうまくないので伝わりづらいかもしれませんが、私は草津温泉に引っ越す前は、山口県にいたことがありました。それと比較するのもなんですが、志賀高原道路は、山口で有名な「秋吉台」の景色に勝るとも劣らない気持ちの良い景色が続きます。

東日本の山々のほうが標高が高いので、西日本からすると、スケールがとても大きく感じます。

 

まとめ

写真にうまく収められなかったのですが、志賀高原道路は、通り道の左側からも右側からも、モクモクと噴気が立ち込めており、それだけでなんだかテンションが上がるような道路です。

たくさんの素晴らしい景色も楽しめるので、草津温泉に向かう前後で、是非訪れてほしいルートの一つです。

 

今後もう少し体系的にまとめられたら再度更新する予定です。お楽しみに。

コメント