草津温泉共同浴場「躑躅の湯(つつじの湯)」(万代源泉)レビュー

共同浴場
注意:現在、コロナウイルス対策のため、<白旗の湯・千代乃湯・地蔵の湯・煮川の湯>以外の15箇所の共同浴場は、観光客の入浴が禁止されています。共同浴場は、入浴マナーを守ってご利用ください。

この記事では、草津温泉共同浴場「躑躅の湯(つつじの湯)」を紹介・レビューします。

 

他の共同浴場情報はこちら

草津温泉 共同浴場(公衆浴場)19ヶ所+足湯まとめ
草津温泉には、19ヶ所の共同浴場(公衆浴場)があります。 一般的観光客には、そのうち3ヶ所(白旗の湯、千代の湯、地蔵の湯)のみが案内されており、それ以外の16ヶ所は、原則入浴禁止とされています。 ただし、...

 

▶草津温泉へふるさと納税!返礼品は草津で使える商品券。

スポンサーリンク

はじめに~共同浴場の心得~

草津の観光協会が観光客に紹介している共同浴場は「白旗の湯」「千代の湯」「地蔵の湯」の3つであり、「躑躅の湯(つつじの湯)」はじめ、その他16ヶ所の共同浴場は、主に「草津の地域住民が使う浴場」とされています。

 

しかし、「もらい湯」の精神を忘れずに、マナーを守って入浴するのであれば一般観光客の入浴も「完全禁止」ではない、というのが草津温泉の素晴らしいところです。

 

「もらい湯」の精神とは、「浴場を借りるにあたり、マナーを守り、感謝の気持ちを持って入浴する態度」のことです。

草津では古くからこれを重視し、逆にこの「もらい湯」の精神があるからこそ、住民は観光客を快く受け入れてきました。

 

共同浴場への入浴は無料ですが、町民がみずから大切に管理・利用している事を忘れずに、最低限以下の事項を守りましょう。

 できるだけ少人数で入る(共同浴場は洗い場・浴槽が狭い場合が多い)

 利用時間を守る(※躑躅の湯は10:00~15:00が外来者の入浴時間です

 しっかりかけ湯して、身体を清めてから入浴する

 使った桶などはきちんと元の場所に戻す

 タオル(持参)は湯船に入れない

 風呂からあがる前にタオル(持参)で身体をよく拭き、脱衣所を濡らさない

 

「躑躅の湯(つつじの湯)」の外観

この日は雨が降っていました。

 

「躑躅の湯」は、湯畑からは1kmほど離れていますが、道の駅「草津運動茶屋公園」から近いので、「運動茶屋公園」の駐車場に車を停め、歩いて2~3分で行くことができます。

 

位置関係はこんな感じです。

 

また、「躑躅の湯」のすぐ近くにも少しなら駐停車できそうなスペースがあるので、運とタイミングが良ければそちらも利用できるかもしれません。

行ってみて判断してください。

利用時間

壁に張り紙で「躑躅の湯」の利用時間が書かれていました。

①一般入浴時間 午前10:00~午後3:00

②区民専用時間 午後3:00~午後10時

午前10:00~午後3:00以外の時間は施錠されます。

時間を守って利用しましょう。

「躑躅の湯(つつじの湯)」の中の様子

中に入った様子です。

入り口から見て右手にロッカー、左手にソファやベビーベッドが置かれており、ベビーベッドの下には体重計も置いてありました。

いくつかの共同浴場には体重計が置いてありますが、その、地元の人が利用していそうな、生活感溢れる感じが私は好きです。

 

入り口から見て左手手前にはトイレも併設されています。

 

脱衣所内は掃除が行き届いておりキレイで、広さも十分なので、4~5人程度は快適に利用できそうです。

 

浴場内の様子

浴槽は縦長で、浴場には洗面器が置かれ、蛇口が2つ付いています。

オーソドックスな共同浴場の形かな、と思います。

 

引かれている温泉は「万代源泉」(ばんだいげんせん)。

pHが1.7程度と強酸性であるため、入浴するとピリリと肌に刺激がありました。

 

他の共同浴場と同様、貴重品を持ってきてしまった際の貴重品フックがある

…と、思ったのですが、なぜかフックがすべて外されていました(汗)

フックの無い貴重品掛けの横に、一つだけ釘が出っ張っていたので、今回私はそこに貴重品をかけたのですが(白いビニル袋)、そういうこともあるので、やはり基本、貴重品は持ってこないほうが良いと思いました。

 

皆さんがいらっしゃる頃にはフックが取り付けられているかもしれませんが、どうかお気をつけください。

スポンサーリンク

「躑躅の湯」基本情報

住所・地図

〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町草津1−19

駐車場

道の駅「草津運動茶屋公園」の駐車場<無料>が使いやすいです(徒歩2分)。

泉質

源泉:万代源泉

PH値:PH1.70

泉温:96.0℃

酸性―塩化物・硫酸塩泉

感想

私が入ったときには他の女性客は0名でしたが、男性は数名いるようでした。出るときにも男性がさらに数名いらっしゃったので、人気のある共同浴場なのだろうと思います。

やや熱めの万代源泉らしいピリリとしたお湯が気持ち良い入浴でした。

温泉を出て数分立っても、体内に熱がしっかりと残りました。

おすすめ度 ★★★☆☆
熱さ ★★★★☆(やや熱い)
湯船の深さ 普通:肩が少し出るくらい(身長162cm)
収容人数 快適:5人まで MAX:7人程度

 

他の共同浴場情報はこちら

草津温泉 共同浴場(公衆浴場)19ヶ所+足湯まとめ
草津温泉には、19ヶ所の共同浴場(公衆浴場)があります。 一般的観光客には、そのうち3ヶ所(白旗の湯、千代の湯、地蔵の湯)のみが案内されており、それ以外の16ヶ所は、原則入浴禁止とされています。 ただし、...

 

コメント